株取引デイトレード入門

最近はデイトレードの認知度・人気が高まり、テレビや雑誌で特集が紹介されるなどの影響で、多くのデイトレーダーが誕生しています。少ない資金を短期間で何千万円や1億円にしたなんていう成功話を聞いたりもします。しかし全く知識のない人にとってはチャレンジするには危険が多すぎます。まずは少しづつ理解をする必要があります。
デイトレードとは「日計り商い」のことです。買った株はその日のうちに売ってしまうということです。原則として当日決済なので、大引けと呼ばれる取引終了時間までに決済します。よほどのことがない限り翌日には持ち越しません。ですので株を持っている時間は短い時間なのです。1時間なんていうのは長いほうで、買ってから売るまでの時間が1分間ということも珍しくありません。そんなに早く売買するなんて自分には出来そうもないって感じる人もいるでしょう。しかし心配はいりません。私も昔はそう思っていましたが、経験を積んでいけば出来るようになります。心配するくらいなら遊んで勢いつけましょう。
狙う幅はトレーダーによって幅があります。僅か数円の値幅しか狙わないトレーダーもいれば、数十円の値幅を狙うトレーダーもいます。私は数円の値幅を狙うタイプです。1円の値幅を1分間で取って、勝ち逃げしてしまうことも多々あります。でも、そんな小さな値幅ではたいして儲からないのでは?という疑問もあるでしょう。実際はそんなことはありません。デイトレードは、僅かな時間で僅かな値幅を取るという売買を1日に何度も行うのです。1日の売買する回数が多いのでそれを積み上げるとまとまった金額になるのです。最近は錦糸町デリヘルにばかり夢中で、相場の勉強不足でした。

株式投資のスタイルは、投資の期間によって大きく3つに分類できます。

・短期売買
・中期売買
・長期売買
これらの投資期間には厳密な区切りがありません。どこからどこまでが横浜か明確でないのと同じです。例えば4カ月の投資が短期と言う人もいれば、中期と言う人もいます。それぞれの期間の捉え方は非常に曖昧なのです。繰り返しますがデイトレードは短期売買です。それも「超」がつくほどの短期です。
かつての個人投資家の投資スタイルは中長期が主流でした。その理由は様々あるのですが、一番は上昇トレンドが長期に渡って続いたためです。高度経済成長時代はほとんんどの銘柄の株価は右肩上がり。多少の下げはありましたが、長期的には上昇傾向でした。ですので株を持っていれば株価が上がり含み益がどんどん大きくなりました。下げた場面でも売らないで我慢して継続して保有していればその後は上昇するものが大半でした。株を持っていれば儲かるという時代でした。ですので中長期の投資スタイルが主流だったのです。
しかしバブル崩壊後は株式市場の状況が一変しました。相場全体が長期的な下降トレンドになり、株を持っていれば儲かるという時代は終わったのです。むしろ株を持ち続ければ損をする確率の方が高くなったのです。
ですので中長期の投資スタイルをやめて短期に切り替える投資家が増えたのです。株価が上がっている期間だけ株を持ち、下がり始める前に売ってしまうという、できるだけリスクを負わないような投資スタイルが主流になったのです。
そして手数料の自由化が短期売買の追い風になりました。手数料が横並びの時代は1回の取引が約定すると、数千円、数万円という料金が発生しました。その為、株価がわずかばかり値上げしても利益がでなかったわけです。手数料が短期売買をする際のネックになっていました。それですので、中長期で大きな利益を狙うしかなかったのです。しかし自由化後は手数料が大幅に安くなりました。わずかな値幅でも利益がだせるようになりました。手数料については改めて解説しますが、1回の注文で数百円しかかからないところもあります。ですので、株価がわずか1円上昇しただけでも利益をだすことが可能になりました。短期売買をする上でネックになっていた手数料の問題が解消されたのです。

おすすめサイト

  • 「育毛日記」は人気の育毛剤を実際に使用した経過を、リアルな状況報告として公開しているサイトです。一番おすすめの育毛剤はフィンペシアです。詳細はサイトでチェックしてみてください。

  • 中国語を習得するにはライフスタイルに合った中国語教室を見つけることが最も重要です。
    休日や会社帰りに気軽に学べる中国語教室で、まずは無料体験レッスンをお試しください。

  • 脳卒中や心臓病の予防のために血圧を下げる効果ある降圧剤のディオバンはウェブでの通販で購入することができます。

デイトレードの2大メリット

デイトレードのメリットには主に二つの種類がある。資金効率が良いモノと持ち越しによるリスクがないモノの二種だ。
一つ目のメリットは、資金効率が良いという事。
中長期投資では、買った株はしばらく持ったままにしておく。その銘柄の株価が上がっている時には、含み益が増えていくので、資金効率が良いと言える。 しかし、株価は上がる時だけではない。横ばいの時もあれば、下がる時もある。そんな時、横ばいの時や下げている時は、「無駄な時間」というわけだ。無駄な時間は、短くても数日間、安定していない現在の相場では長ければ数ヶ月間も続く。デイトレードは、この無駄な時間が極めて短い。買った銘柄が上がったらすぐ売り、下がって、資金効率が悪くなると判断したら、すぐに売る。 こんな売買なので、資金効率が良い。勝率が良ければ、資金は複利でどんどん増えていく。
二つ目のメリットは、持ち越しのリスクが無いということ。これは現在の相場環境と大きく関係している。 現在の相場は、長期型の安定した上昇トレンドではない。上昇トレンドになっても、極めて不安定な相場だ。しかも、米国の株式市場の影響を大きく受ける。米国市場で、株価が大きく下がると、その影響を受け、翌朝の日本株式市場の株価も大きく下落する。 中長期の投資で、株を持ち続ける場合は、この影響を大きく受け、寄り付きから、持ち株の株価が大きく下げ、場合によっては、前日にはあった含み益が無くなり、逆に含み損が発生してしまう事もある。 取引終了時間から、翌日の取引開始時間までの間に発生するリスクを、持ち越しのリスクと言う。 デイトレードは当日決済なので、取引終了時間以降に持っている株は無い。当然、持ち越しのリスクなど無い訳だ。そのため、米国市場の株価が下落しても構わないと言える。
このように、現在の相場環境を考えると、株を持っている時間はなるべく短くした方が良い。持っている時間は、株価が上昇している一時だけ。それが、最良の判断であり、勝つための条件と言える。必然的に、投資スタイルはデイトレードになる訳だ。デイトレードが注目されるのは、当然の流れと言える。
記事の情報元…鶯谷風俗

便利な情報を紹介

  • 育毛に関する最新のニュースをhttp://xn--u9j0hsdzb9d9bz307dobaw245an63a.com/でサイトで公開しています。
    頭皮のマッサージ方法や育毛剤の選び方などのコンテンツが充実しています。

記事へのリンク